費用はどれぐらい?廃車引き取り

   

大切に乗ってきて愛着のある車でも、いつかは寿命が来て廃車にせざるを得ない状況になります。悲しいことではありますが仕方が有りません。
一生のうちに殆どの人は数回しか訪れない手続きですが、運輸局等への書類の提出など細かい点に留意しなければならず、正直大変です。そんな時に役立つのが引き取り業者です。様々な手続きを代行で行ってもらえることが多くとても便利です。しかし気になるのは必要となる経費ではないでしょうか。車を運ぶレッカー車の費用、解体費用やリサイクル費用など、あまり聞きなれない事柄が多く発生します。全てを自分で単独で出来なくはないのですが時間と労力が必要で、仕事をしていると平日に時間を割くことが難しく実質困難を極めますので、引き取り業者に依頼するのが現実的です。実際にどのような費用が掛かるのか詳しく見てみましょう。

廃車の流れ

処理を行う中でまず欠かせないのが運輸局での自動車登録の抹消です。これを行わなければ実質的に廃車に出来ません。この時に必要なのは100円程度の申請書購入費用のみです。
ただし、永久登録抹消手続きには自動車の解体証明書の添付が必要です。解体は自分では出来ないため業者に依頼をするようになりますが、この時に解体費用が数万円かかる場合があります。業者によって掛かってくる費用に差が生じるため、十分に調べてから依頼を行うようにしましょう。およその相場観や流れを知っておくことで業者とのやり取りがスムーズに出来ますし、余分なお金を支払わずに済む可能性があります。中には悪徳な業者も存在しますので、きちんと理解をしておく必要があります。

リサイクル料金とは

廃車にせざるを得なくなった時には色々と手続き等が必要で、かなり面倒な流れになるため引き取り業者へ手続き代行を依頼するのはベストな選択と言えます。廃車時に必要な料金としてリサイクル料金があります。これは解体した時に出るゴミの処理費用を車の所有者が支払う義務のあるものです。
車種によって掛かってくる費用には差が生じますので事前に確認しておきましょう。また平成17年度以降に購入した新車については購入時にリサイクル料金を払っているため再度徴収される事は有りませんのでこちらも併せて確認しておきましょう。
費用は依頼する業者、自身が所有する車の車種によって変動します。事前におよその費用を算出し慌てない様にしておくことをおすすめします。