永く愛用した車の廃車引き取りの場合

   

購入から大きな事故もなく永い年月愛用できた車にはとても愛着が湧き沢山の思い出が有るでしょう。しかし、永い年月が経過すると同時に走行距離も増えており、多くの場合、耐用年数を経過し各パーツも寿命が近くなっていると考えられます。愛車の買い替えを検討する時には、少しでも新車購入費用に充填できるかどうかを考慮したいと考える人が多いです。
そもそも、このような古い車を買い取ってもらえるのかと疑問に感じるかもしれません。走行距離も長く、パーツも寿命が近い車の下取りや引き取りはディーラーと廃車買取業者とで違いが有ります。

過走行車とは

走行距離が一定以上を超えた車を過走行車といいます。過走行車の定義は明確ではありませんが、一般的には10万キロを超えて走行している車の事を指すことが多いようです。また、年間走行距離が1万キロ以上の車も同様です。
過走行になると買取金額が低くなる傾向が有ります。どうしてもパーツの痛みが多くなるため、交換や点検等に費用が掛かるためと考えられます。ディーラーでの下取りを検討されている場合は走行距離が10万キロに達する前に検討されると下取り金額に差が生じます。少しでも早い段階で査定してもらうようにしましょう。
過走行車でも買い取りや引き取りはしてもらえますが、査定時点でマイナス査定になることは避けられず、金額に影響し次の車の購入費用への補てんが難しくなります。

ディーラー下取りか廃車買取業者か

ディーラーによる下取りでは一般的に走行距離が使用年数に対して多いか少ないかで査定は大きく変動します。ディーラーでは下取りという考え方がメインの為、下取りを高く査定すれば新車を安く売ることと同じになってしまうことと、販売ルートが限定的で中古車市場に向けて出すために過走行車では大きなマイナス査定となり買取金額は低くなりがちです。
対して廃車買取業者ではパーツなどの販売ルートが確立されているため過走行車の場合は一般的にディーラーより引き取り金額が高くなる可能性が高くなります。中古車市場としては価値が無い車でも、買取業者では金属としての価値があれば査定金額は増える傾向にあります。
また、海外への販売ルートを持っている買取業者もあり、10万キロオーバーの車でも状態がよければ高く買い取ってもらえます。海外では販売できる点なども考慮されるため、下取りを検討されている方はこうした廃車買取業者を利用することも考えてみましょう。