廃車引き取り依頼の際に注意すべき点とは

   

自分の自動車には誰しも愛着が有るものです。好きなメーカーのパンフレットを真剣に吟味したり、ディーラーや自動車販売店を巡ったりしながら自分の気に入った1台を見つけるのは非常に楽しいものです。
そうして購入してから大切に乗ってきた愛車も、経年による劣化が発生したり、不運にも事故で廃車を余儀なくされる事もあります。故障や寿命は避けては通れませんが、出来る限り大切に永く乗りたいと思うものです。
しかし廃車の選択をせざるを得ない時に必要になってくるのが、車を引き取ってくれる業者です。業者選びには幾つかの注意点があります。様々な業者が存在するので注意点を押さえて失敗の無いスムーズな取引が完了するようにしましょう。

査定や見積もりが無料かどうか

引き取り業者では、実際に乗ることの出来なくなった車でもパーツを回収し使える部品を見つけることが多いため、昔のように解体費用に実費が掛かることが少なくなってきました。逆に買取金額を受け取れる場合もあります。
そのような背景もあり、査定や見積もり、相談費用が無料の業者が大半になってきていますので、廃車の相談を業者にする場合はその点もしっかり確認をしておきましょう。それに伴って、引き取りの際のレッカー車の手配、書類記入の代行なども無料で行ってくれる業者もあります。ホームページのメール受付で簡単に依頼できる業者も今では当たり前になってきており、レスポンスも素早くなされるので忙しい方でも安心して相談出来ます。

登録抹消の手続きが安心できる業者かどうか

自動車を解体できる業者には各都道府県知事からの認定が必要です。信頼のできる業者選びには必須の項目です。廃車についての知識はなかなか分かりづらく頻度が多いわけでもないため、業者の言う通りにしてしまいがちです。無許可、不認可の業者では廃車の際に自動車の登録抹消が出来ておらず、税金の督促が来たりする等のトラブルに繋がることも考えられます。
そのようなトラブル回避のためにも安心できる業者選びは重要です。きちんとした業者で有ればリサイクルの際に発行されるリサイクルAからDまでの券のうち、自動車の最終所有者に渡されるB券を必ずもらえますので、廃車の確認が出来ます。このB券の発行をうやむやにする業者には依頼をしないほうが良いでしょう。
更に廃車になっているかどうかを自分で確認するためには陸運局で問い合わせる方法もあります。